Skip to content

多汗症という病気について

汗をたくさんかく人はただの体質だと考えられることが多いです。

しかし、病気によって汗の量が増えてしまうこともあるので注意しましょう。汗が多いだけなら大したことがないと考えられることもありますが、症状によっては日常生活に支障をきたすこともあります。汗の量が多くなる多汗症は人口の3~4%の人が悩んでいると言われています。症状が出やすいのは汗腺が密集している部位であり、脇の下や顔の周り、手のひら、足の裏といった部位の汗が増えてしまいます。特に日常生活をする上で困ってしまうのは手のひらの汗が増えてしまう症状です。

汗で濡れて紙が破れてしまうことがありますし、人と握手をすることが恥ずかしくなってしまうこともあります。道具を持つ時にも不便ですし、仕事で制限が出てしまうこともあるでしょう。また、成長期に悩みながら過ごすといじめの原因になってしまったり、不登校や引きこもりになってしまうこともあります。多汗症は本人にとっては非常に辛いものであり、きちんと対策をしていくことが重要です。症状の重さは3段階に分類されます。軽度では手が汗で湿っていてもあまり気にならない程度です。

中等度になると手のひらの汗がはっきり見えるようになり、水滴も見えるので気になるようになります。重症になると手のひらに汗の水滴ができ、滴り落ちることもあるので治療が必要と言えるでしょう。多汗症は思春期から中年世代までに多いとされています。男女の比率はほぼ同じくらいですが、男性患者のほうがやや多いということです。明らかな原因が存在しない場合と病気によって発生する場合があります。病気が原因の場合、まずはその病気を先に治療する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *