Skip to content

多汗症治療はたくさんあります

多汗症治療と言うと、汗腺を切除することが思い浮かびませんか。

自分は重度だと思っている人も多いかもしれませんが、医療機関を受診してみると軽度と診断されることがあるかもしれません。軽度であれば汗腺を切除する必要はありません。医療用の制汗剤を処方されるだけで済むこともあります。医療用の制汗剤は市販されているものとは全く効果が違います。市販されているものをずっと使っていたけれど、あまり効果を感じなかったという人は多いかもしれません。

医療用を使ってみるととても高い効果を感じることができ、汗を気にしなくて済むようになるはずです。あくまでも軽度の多汗症治療ですから、中度や重度であれば他の方法でなくてはなりません。内服薬を処方されることもあります。発汗を抑制できる薬で、5時間くらい効果が持続するので人と会う前に飲んでおくと助かるでしょう。他にも塩化アルミニウムを使って汗を抑える方法もありますし、多汗症治療はたくさんあります。

多汗症と言っても症状には個人差がありますから、一人一人に合った方法を受けることで症状を改善しましょう。もちろん、汗腺を切除する方法もありますが他の治療法を提案される可能性だって十分にあります。傷跡が残るのはちょっととためらっていませんか。医療機関を受診してみたら、全く違う治療法を受けることになって安心するかもしれません。まずは、放置するのではなく医師に診てもらってどんな多汗症治療を受けるのかをじっくり聞いてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *