Skip to content

多汗症治療にはどんな選択肢がある

運動や気温上昇に伴い汗を大量にかくのは、生理的現象の一つで特に問題はありません。

ところが手のひらや足の裏、脇のしたなどの局所的に大量の発汗現象が観察される場合、生理的現象の閾値をこえて病的な「多汗症」の可能性がたかまります。この病気は人体の体温の恒常性を維持するための体温調節が必要ないときでも、汗を大量にかく病状が多汗症の主な病態で、しばしば日常生活に深刻な支障をきたします。従って単に汗を大量にかく症状が見られるからといって病的事象と即断するのは早計といえます。皮下脂肪の多い太った体型の人が大量の汗をかくのは単に体内で発生する熱量が多く、分厚い脂肪層で発散しにくいことが原因で大量の汗をかいているにすぎないかからです。

多汗症治療では汗腺の過剰な働きを抑制する必要があります。重症な場合には、胸周辺にある発汗作用を司る神経組織を破壊する外科手術も検討される場合もありますが、そこまで重度にいたることは少なくボトックス注射などで治療されるのが一般的です。汗腺は脳から周辺の神経に発汗作用を促す信号が放出されることで、発汗することになります。

ボトックスにはこの神経伝達作用を阻害する効果を期待出来るので汗を抑えることができる訳です。多汗症治療にボトックス注射を利用することのメリットは身体への負担が少なく、副作用の問題もほとんど顧慮するまでもないことです。ただ手のひらや足の裏は表皮が薄く傷みに敏感です。そこでボトックス注射による多汗症治療では麻酔クリームや極細の注射針を使用するなどのケアがされています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *