Skip to content

様々な多汗症治療について

手のひらや足の裏、ワキの下の多汗症でお悩みの方も多いと思いますが、多汗症治療には様々な物があります。

一般的な物としては「塩化アルミニウム」入りの塗り薬があります。これは塩化アルミニウムを使用して汗腺に蓋をする治療法です。一時的な効果としては安価で楽にする事ができます。次に「イオントフォートーシス」があります。これは水を入れた容器に直流電気を流しそこに気になる部分を入れる方法です。これは1~2週間に1度の割合で治療を継続する必要があるので中断はできません。中断するとすぐに症状が戻ります。

多汗症は精神の状態から起こる場合もああります。その様な方には「漢方治療」があります。漢方治療は副作用も無いので体には良いですが漢方医への相談が必要となります。また、精神的な状態から起こる場合には「心理療法」もおすすめです。「自律神経訓練法」と言う物があります。これは精神的に自分をコントロールできるようになるので薬や手術の必要が無いので体に優しいです。

多汗症治療を病院でしたい方には「ボツリヌス治療」があります。これは汗腺の動きを抑制するので効果がありますが約半年ほどしか持ちません。病院での多汗症治療として効果が高い物しては「超音波手術」があります。これは脇の臭いが気になる方に適切な治療です。脇の下を数ミリ切開し、汗腺を破壊し吸引するものです。傷口は小さいですし手術時間も30分程と短いです。多汗症治療には様々あるので自分に適した物を行うのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *