Skip to content

多汗症治療の種類について

多汗症治療の主な種類には、まず、アポクリン汗腺にレーザーを直接照射し、両方の汗腺を燃焼させて、腋の汗を抑え、ワキガに確実な効果を発揮するレーザー治療。

腋の下にボトックスを注入することで、エリクリン汗腺の活動を抑制することによって、汗の分泌を抑えるボトックス注射。アポクリン汗腺を削り取りながら吸収する合併症も少なく安全な方法のシェービング。働きすぎて大量に発汗する交感神経を切り取ったり焼いたりして停止させるETS。足の裏の多汗症に効果があり、足裏の交感神経にブロック針を刺して、アルコールなどの薬液を注入することで汗を出す命令を疎外する。

腰部交感神経節ブロック。ドクターの直視下でひとつひとつ丁寧にエリクリン腺とアポクリン腺を取り除いていく完全摘出法などがあります。多汗症治療は、多汗症によって治療法適切な治療を行うことになります。

多汗症治療を行うメリットとして、まず、多汗症は、全身に汗をかく場合と、体の一部分だけに大量に汗をかく場合があり、手術には体に大きな負担となることもありますが、深刻な症状に悩んでいる方の場合にはとても効果的な治療となります。局所的に大量に汗をかく症状の場合、手でつかんだものがぬれてしまったり、他人と握手ができないほど大量に汗をかく場合があるため、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。多汗症治療を行うことで、そういった多汗症の症状を改善させることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *