Skip to content

いろいろな多汗症治療

多汗症という、ハッキリした原因はないけれど脇や手のひら、足の裏などに異常にたくさんの汗をかく疾患があります。

悩んでいる人が多いこの疾患は治療することができます。多汗症治療の方法はいくつかあって、例えばボツリヌス注射があります。打った周囲の発汗が止まる注射です。ボツリヌスについては、けいれん疾患の治療で用いられる薬です。薬物療法もあります。この療法では発汗を止める効果が確認された薬が用いられます。

それは古くから胃潰瘍の治療で用いられている薬でもあります。また、塩化アルミニウムを皮膚に塗布する治療法もあります。皮膚に特に異常がない人の中で、これを行う人はすごく多いです。その効果には個人差がありますが効果を実感した人が多いです。多汗症治療器具もあります。これは、脇や手のひら、足の裏に電気を流して発汗を減らすものです。ただ、日本にこの器具を扱っている業者はありません。

他に星状神経節ブロック、胸部交感神経ブロックと呼ばれる多汗症治療があります。星状神経節ブロックは、頚部にある交感神経を麻酔薬でブロックするという方法です。軽度の人に施されるものです。胸部交感神経ブロックは、交感神経を高周波熱凝固法や濃いアルコールの注射によって麻痺させる方法です。胸腔鏡下交感神経節遮断術と呼ばれる多汗症治療もあります。なお足底の多汗症治療には、腰部交感神経節ブロックが施されます。入院を必要とする治療法になります。

ワキガ手術についてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です