Skip to content

多汗症治療に効果的なのは手術です

多汗症の原因は様々なものがありますが、中でも大きな要因とされているのが精神的なものです。

人は緊張することで交感神経が刺激されるようになっています。交感神経が刺激されることによって発汗に繋がるのですが、症状が重くなり交感神経が敏感な状態になってしまうと多汗症を発症するのです。他には肥満も大きな原因の一つとされています。皮下脂肪や内臓脂肪が溜まると体の熱が外部へ発散できなくなってしまいます。それを補うために大量の汗が出るため、多汗症になってしまいます。ホルモンバランスの乱れも影響します。

ホルモンの生成を命令している箇所と交感神経を司っている箇所は脳の同じ場所なので、ホルモンバランスが崩れてしまうと必然的に自律神経も乱れ、やがて多汗症へと繋がるのです。多汗症治療として有効な手段が手術です。多汗症内視鏡手術は多汗症治療として確立されている手術で、患者への負担も少ないです。手術方法は脇の下に5mmほどの小さな穴を開け、そこから管を差し込みます。

そして内視鏡をチェックしながら交感神経を断つことで多汗症が改善します。右脇と左脇を合わせても10分程度で、全体の手術時間も約40分と短いのがメリットです。痛みもあまりなく、手術の痕もほとんど残ることがないため、気軽に多汗症治療を行うことができます。制汗剤や薬剤の服用など、対処療法は多く存在しますが、根本的に多汗症を治すのであれば手術をする方法が最も効率的です。

多汗症についてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です