Skip to content

レーザー脱毛ができないケースとは

レーザー脱毛は肌に優しい施術だと言われています。

敏感肌で他の施術が受けられなかったという人でも、状態次第で受けられる可能性があります。ムダ毛のメラニン色素にのみ反応する光ですので、周辺の皮膚に影響を及ぼす恐れがほとんどありませんし、照射される光には美肌効果まであります。照射される熱によって真皮層内が軽い炎症を起こすことで繊維芽細胞が活性化され、コラーゲン生成の働きが促されます。このように優れた効果を持つレーザー脱毛ですが、施術にあたって注意しなければならない点もあります。

黒いメラニン色素に反応して照射を行う方法ですので、日焼けをしていると行うことができません。施術を検討している場合には、日除けグッズなどを活用したり日焼け止めクリームをしっかり塗るなど、対策を行う必要があります。リスクを考えると、日焼けをしやすい季節よりも秋冬の日差しの弱い季節に行っておいた方が安心です。その時期なら、日焼けに対して気をもむことがあまりありません。

レーザー脱毛の施術は数回通わなければなりませんので、秋になったらすぐに通い始めるのがもっとも安心ですその他、皮膚感染を起こしていたり、自己免疫疾患があったり、妊娠している場合には施術を受けることができません。隠して施術を受けてしまうと大きなトラブルに発展しますので、必ず守らなければなりません。その他、症状によって個別の判断が必要となるケースもありますので、直接聞いてみる必要があります。

ワキガ手術についてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です