Skip to content

羽毛布団のクリーニングとリフォームの違い

長年使っている羽毛布団がへたってきたり、以前よりも温かさがなくなってきたというような場合には、リフォームを検討した方がよいでしょう。

最近はクリーニングや打ち直し、リフォームなどさまざまサービスが登場していますから、それぞれどのような違いがあるのかよくわからない人も多いかもしれませんが、リフォームと打ち直しはほとんど同じ意味で使われていることが多いといえます。クリーニングは、その名前のとおり、羽毛布団を洗浄してくれるサービスで、丸洗いをしてくれます。一方、打ち直しやリフォームは、布団の側生地を破って中の羽毛を取り出して、羽毛を直接丸洗いするという違いがあります。当然側生地は新品のものになりますから、新品同様の布団へと生まれ変わります。

ドライクリーニングは、水の代わりの有機溶剤という液体を使って洗浄していきますが、脂汚れが落ちやすく、型くずれしにくいというメリットがありますが、汗汚れなどの水溶性の汚れは落ちにくいというデメリットがあります。また、ドライクリーニングでは、中の羽毛まで洗浄することができませんから、ドライクリーニングで洗うといっている業者には出さない方がよいでしょう。羽毛布団は、日干しをすればボリュームがよみがえると思っている人も多いかもしれませんが、長年使用していると、羽毛には汚れが付着していますから、新品のようなボリュームにはなりません。リフォームをして汚れを取り除き、さらに長い使用でこすれて粉状になった羽毛を取り除いて新しいものを追加することで、新品同様によみがえります。
マットレスのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *