Skip to content

布団をリフォームする意味

布団の打ち直しは、今に限ったものではありません。

綿の布団が主流だった時代から、傷んだり、膨らみが無くなったりすれば、打ち直して甦らせたものです。綿をほぐし、新たに加えて再生させるのは、古くからある知恵であり、日々の生活に密着したごく当然のことでした。現在の布団事情は、大きく様変わりしています。何よりも、羽毛布団の割合が増えているのです。綿とは違った風合いを持ち、より柔らかくて温かい羽毛は、現代社会において寝具の新たなスタンダードと言えるものになってきています。

しかしその羽毛も、年月を重ねることでどうしても、最初の頃の膨らみを失っていくものです。だからと言ってあきらめてしまうのは早計です。せっかくの羽毛を無駄にしないために出来ること、それがリフォームという方法になります。そうです、それが決して廃れない生活の知恵、打ち直しのことです。リフォームの際には、傷み具合をチェックし、羽毛を加えることで再生出来るかどうかを判断するのが重要になります。

傷み具合が激しかったり、分量が極端に減ってしまっている場合は、リフォームはなかなか難しく、新たに購入するほうが経済的な負担が軽い場合もあります。とはいえ、出来る限りリフォームして、またあの温かさを取り戻したいのが、誰しもの望みです。そのために、普段から自分の生活を顧みることが大切なのかもしれません。生活における不具合を発見したら、すぐに対処すること。それが、余計な負担をかけないで暮らす方法なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *