Skip to content

リフォームすることで布団が長持ちする

羽毛布団は、一生ものといわれますが、きちんとメンテナンスをしていないと、羽毛本来の機能をいかすことができません。

布団のメンテナンスには、クリーニングも大切ですが、布団を丸洗いしても、中のダニやゴミ、汚れなどをきれいに取り除くことはできません。一方、布団を解体して羽毛を直接丸洗いするリフォームを行うことで、ダニやゴミ、汚れを徹底的に除去することができ、本来のボリュームを取り戻すことができます。リフォームをする目安としては、丸洗いしても生地の汚れが落ちなかったり、ボリュームが戻らない、10年以上使用しているなどで、中から羽毛が飛び出してくるような症状が現れた時には、リフォームする時期といってよいでしょう。

フロンのリフォームでは、長年の使用によってこすれて小さくなってしまった羽毛は取り除き、新たに羽毛を追加してボリュームを出していきますから、新品同様のボリュームがよみがえります。また、側生地も新品になりますから、見た目も美しくなります。さらに、買い換えの時の廃棄がなくなりますから、環境にも優しく、安価な商品よりも品質がよく、高品質を維持することができるというメリットがあります。羽毛には、ダックとグースがあります。

品質表示にグースダウンと表示されていないものは、ダックダウンとなりますが、ダックはグースほど大きくなりませんから、ダウンボールも小さいという特徴があります。一方、グースはダックより藻からだが大きくダウンホールも大きいため、保湿性もあり耐久性もよいので、長く使用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *