Skip to content

マットレスの基本的な構造比較

マットレスを購入するときは、商品ごとの特徴をよく比較して購入しないと後悔することになります。

特に高額商品の場合は、一度購入すればしばらく使い続けていくことになるので、買ってからこんなはずではなかったと思うことがないようにしたいものです。コイルスプリングを使ったベッド用マットレスを考えてみましょう。まずコイルスプリングの構造の違いによって、いくつかの種類に分けることができます。基本的なものは、ポケットコイルスプリングとボンネルコイルスプリングの2種類です。これ以外に高密度スプリングと呼ばれるものもあります。ポケットコイルスプリングの最大の特徴は、スプリングが独立してマットレスの中に敷き詰められていることです。

そのため一つ一つのスプリングが身体の凹凸にそってぴったり優しくフィットします。ボンネルコイルと比較すると、とても寝心地がよく、優しく支えられているような感じになります。それに対してボンネルコイルスプリングが、コイルスプリング同士を連結させ面で身体を支える構造となります。そのためしっかりとした寝心地となり、寝返りも打ちやすく、ポケットコイルに比較して長持ちします。

ただ、体圧分散効果では劣ってしまい、慣れないときは身体に痛みが起こることもあります。ただ高級メーカーの場合はコイルスプリングの上に厚みのあるウレタン層を設け、柔らかさを演出していることが多いです。また、高密度スプリングマットレスはフランスベッドが独自開発したもので、1本の鋼線を連続して編んでいます。ボンネルコイルに近い寝心地ですが、日本人の体格に合うように作られています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *