Skip to content

マットレスはどんなものを選んだらいいのか

マットレスは寝ているときの体の圧力を分散させることができ、体への負担がかからないものを選ぶとよいでしょう。

体の圧力は寝た状態だと、頭・背中・腰・足の4箇所にかかります。体の圧力ができるだけ均等に保てるマットレスを使えば、寝ている間に体を痛めることはなくなります。そして、もう一つの選ぶポイントは正しい姿勢を保ちやすいことです。立っているときの背骨より少し緩やかなカーブを保てることが、肩や腰に優しい姿勢と言われています。この2つの条件が揃ったものを探しましょう。マットレスはさまざまな種類があり、構造や素材によって柔らかかったり硬かったりします。柔らかい造りのものは体の形に変形するため、包み込まれる寝心地が魅力でしょう。しかし、柔らかすぎてしまうと体が沈みこみやすく、背骨が曲がってしまうため安定しません。背骨と腰に負担がかかってしまう恐れがあります。また寝返りを打とうとしても筋力が必要になり、起きたときに疲れを感じる場合もあるでしょう。

硬めの造りのものは、正しい姿勢を保ちやすいことと寝返りが打ちやすい特徴があります。しかし、硬すぎてしまうと体が面しているところが圧迫されて、血行不良を起こしてしまう場合があります。自分に合ったものを選ぶには、店舗に行って実際に寝てみることが重要です。数秒では分からないので、何分かはいつも寝ている体勢で寝てみましょう。このとき、体にかかる圧力に偏りがないかを確認します。そして、立っている状態で正しい姿勢になり、そのまま寝て体勢が変わらないかの確認も必要です。マットレスを買ってから想定より硬かったことに気づいた場合は、柔らかいパットを敷くことで対処できますが、柔らかいものを買ってしまってから、後から硬くはできないので注意しましょう。このようなことを参考に自分に合うマットレスを見つけて、快適な睡眠を取りましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *