Skip to content

マットレスを介護保険制度で利用することについて

特殊寝台付属品としてマットレスを使用したいときには、介護保険制度の利用が出来る場合があります。

要介護2以上の条件とケアプランへの明記が必要であるため、ケアマネジャーとの連携が欠かせないですが、必要だと認められればレンタルによる利用が可能です。その月々の負担も安く済む場合がほとんどですから利用を考える余地があります。ケアマネジャーが必要だと認める人でなければいけないのと、そもそもマットレスだけのレンタルは出来ませんので、特殊寝台を保有しているかあるいは同じようにレンタルをする場合に限られます。それでも腰への負担軽減などが必要などの場合には、利用が出来る可能性が高まりますから、相談をする意味は大いにあります。

要介護2以上で主治医ともよく話をしておくことで、ケアマネジャーへの連絡もスムーズに行きやすくなるものです。ただし、特殊寝台付属品としてのマットレスですから、これだけを借りて利用をすることは出来ないです。付属品であることをよく考慮し、特殊寝台そのものがない場合例えば畳の部屋で布団を敷いている場合には、レンタルの利用が出来ないことは知っておく必要があります。それでも腰への負担などを考慮し、また利用が適切だろうということになれば特殊寝台をレンタルし、その上で付属品としてマットレスを利用することは意味があります。ケアプランにその利用の目的などを記載してもらって、必要な対応を求めることがとても大事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *