働いている女性にとってスーツは武器だといえます。どうしてかといえば、それは着るだけで本人の中身はどうであったとしても、きちんとした人に見えるからです。だからこそ働き先を見つけるための就職活動はリクルートスーツと呼ばれる紺の上下を誰もがこぞって着るというわけです。きちんとした身なりで相手に会うということは、会話はしなくてもお会いする相手に対して敬意を払っていることにもなるのです。

購入の際はどんなところを注意すべきでしょうか。同じ色のスーツで並ぶ場合、見た目で損をしないようにそれなりの素材のものを選ぶようにしたいものです。例えば前述した就職活動では、どうしてもみんな似たような色や形にならざると得ません。不思議なことに、いいものが目立つのではなくて、質の悪いものが目立って見えてしまうものなのです。

喪服の黒を買う時も要注意です。お通夜や葬儀でおしゃれを気にするのはおかしいのかもしれませんが、安い黒は品がなく映ってしまいます。あまり買い換えないものは、ある程度以上のものを用意すべきしょう。旬な着こなしといえば、ジャケットのしたにぴったりとしたインナーを合わせると、こなれた感じになります。

インにシャツを持ってきてしまうと古く見えてしまいます。スーツは改まっていてあまり好きではないという意見をお持ちの方も、こなれた着こなしに挑戦してみてはいかがでしょうか。時間のない朝、スーツがピンチを救ってくれるかもしれません。豊田市駅で洋服お直しのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です