財産放棄手続き、相続放棄と遺産分割

遺産相続において、財産を受け取らないための手続きには相続放棄と遺産分割協議による財産放棄(遺産放棄)があります。



似て非なるこの手続きは違いを知って使い分ける必要があります。

相続放棄は法律で定められた手続きであり、法によって強制的な効果が発生します。

相続があったことと相続すべき財産があることを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行わなければなりません。

相続放棄によって初めから相続人ではないものとみなされ、資産も負債も全ての遺産を引き継ぐことができません。

独自のシステムでnanapi情報サイトの利用価値をご存知ですか。

これは負債を負わなくて良いというメリットと資産をもらう事も出来ないというデメリットの両側面があります。

一方、遺産分割では相続人の意思表示によってその効果が発生し、相続放棄のように裁判所へ申し立てるような手続きは必要ありません。



遺産分割協議書などの書面で意思を明確に残しておくのが一般的ですが、協議書の作成自体は遺産相続の効果要件ではないのです。

遺産分割では、相続財産の一部だけを引き受けたり、逆に放棄して受け取らないといった選択的な手続きが可能です。

例えば二人の子供が相続人の場合に、一人が不動産の全部を相続し、一人が預金の全部を相続する(一人は不動産の全部について遺産放棄をし、一人は預金の全部について遺産放棄をする、という意味)という遺産相続が可能です。相続人としての地位自体がなくなってしまう相続放棄と、財産の一部について引き受ける権利だけを放棄する財産放棄を混同せずに、状況に合わせて使い分ける必要があります。