相続放棄の手続きはどうするのか

相続放棄の手続きの必要性に迫られるのは、多額の負債を抱えていたことが親が死亡し、親の借金を全額支払う危険に曝された状況が典型的です。



相続ではプラスもマイナスも全ての財産を包括的に受け継ぐため、相続を承認してしまえば借金も全額支払うべき立場に立たされます。


親の負債をかぶりたくない人が選択するのが相続放棄の手続きです。
以下では具体的な方法や、注意点について紹介しましょう。

@niftyニュース情報をお伝えします。

相続放棄の手続きは、裁判所で申述(放棄する意思を表明する)しなければなりません。

具体的には亡くなった人(被相続人)の住所地を管轄する家庭裁判所に書類を揃えて、原則として被相続人が死亡したことを知った日から3カ月以内に行う必要があります。
申述の申請は相続人自ら行い、添付書類として必要事項を記入した申述書、被相続人の死亡日が記載されている住民票の除票、相続人と被相続人の相続関係を明らかにするための戸籍謄本を提出します。

費用は申立人1人につき収入印紙を800円分と連絡用の郵便切手(裁判所で異なります)が必要になります。


ここで注意すべきなのは、被相続人死亡後に単純承認している事由が存在すると相続放棄の手続きを行うことがなくなることです。

例えば相続財産の一部を隠れて勝手に処分している等の事実があると、法律上当然に相続を承認したものとみなされるので、親の借金を逃れるすべはなくなります。
相続放棄の手続きは、被相続人の借金を引き継がないための貴重な方法です。
ただし行使期間には制限があるので、被相続人の借金を被りたくない時は速やかに活動を開始して下さい。