相続放棄の手続きの必要書類

被相続人の相続財産を相続人が取得する事を相続と言いますが、それを一切取得しない事を相続放棄と言います。


これは被相続人の財産より債務の方が多い場合や、特定の相続人に相続財産を集中させる目的で行われます。



相続放棄の手続きは、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で、被相続人の死亡を知った日(相続開始日)から3ヶ月を経過するまでに放棄の申述を行わなければいけません。

これを行わないと、全ての財産と債務を相続する単純承認をするものとみなされますので、手続きの期限には注意して下さい。



放棄の申述書には、申述人(放棄する人)の本籍、被相続人との続柄や死亡日、さらに相続開始日と相続放棄の理由、相続財産の概略を記入します。



もし、申述人が未成年者であれば法定代理人が代わりに手続きを行います。
手続きの際の必要書類は、放棄する人の戸籍謄本、被相続人の住民票除票または戸籍附票ですが、放棄する人と被相続人の関係によって他にも書類が必要となります。
それが被相続人の配偶者や子どもであれば、被相続人の死亡が記載された戸籍謄本が必要で、子どもの代襲者であれば、それに加えて被代襲者(被相続人の子ども)の死亡が記載された戸籍謄本が必要となります。
また、被相続人の父母など直系尊属であれば、被相続人が生まれてから死亡するまでの全ての戸籍謄本が、先順位の子やその代襲者が既に死亡している時は、さらにその者が生まれてから死亡するまでの全ての戸籍謄本が必要となります。兄弟姉妹が放棄する場合は、それに加えて先順位である直系尊属の死亡が記載された戸籍謄本が必要です。

このように、相続放棄の手続きには多くの書類が必要となりますので、早めに準備をしておく事が大切です。