相続放棄の手続きを行う際の注意点

main-img

相続放棄は相続した遺産の中の借金が有ったり、あるいは相続税の問題などで最終的に利益よりも負債の方が多くなりそうなときには非常に有効な手段です。しかし、その手続きを行う際にはさまざまな制約が有るため、これらを事前に確認しておくことら概説です。

相続放棄を行う際には所定の書類に記入し家庭裁判所に申請を行う必要があります。この場合、相続することを知った日から3か月以内にその手続きを行わないと認められないほか、必要な書類が揃っていないと認められないので注意が必要です。
必要な書類はそれぞれ状況により異なりますが、基本的には故人の住民票の除票や個人と申請する人の関係を示す戸籍謄本等が必要になります。


相続放棄を行う際には相続することを知った日から3か月以内という規定が有りますが、一般的には亡くなった日から3カ月と考えるのが妥当です。



その理由は遺産相続は親族が相続人となることが多いため、親族の場合には亡くなった時点でそのことを知っているのが当然と判断されることが多いためです。
但し、事情が有る場合にはその事情を裁判所に陳述することで認められる場合もあります。

ロケットニュース24の情報ならこちらで掲載されています。

また、相続放棄をしたことを証明するために、証明書を裁判所に発行してもらうと便利です。

債権者は相続放棄をしたことを信用せずに請求を行ってくることが有り、この際に放棄した証明となるほか、金融機関に於いては亡くなった人の預金を下ろす際に相続人全員の謄本が必要となることになりますが、この際に証明書を提示することで手続きがスムーズに進むことになります。



法律の秘密

subpage1

被相続人の相続財産を相続人が取得する事を相続と言いますが、それを一切取得しない事を相続放棄と言います。これは被相続人の財産より債務の方が多い場合や、特定の相続人に相続財産を集中させる目的で行われます。...

more

予備知識

subpage2

相続放棄の手続きの必要性に迫られるのは、多額の負債を抱えていたことが親が死亡し、親の借金を全額支払う危険に曝された状況が典型的です。相続ではプラスもマイナスも全ての財産を包括的に受け継ぐため、相続を承認してしまえば借金も全額支払うべき立場に立たされます。...

more

法律をよく学ぶ

subpage3

相続放棄の手続きは当然ながら相続人だけができます。誰かが代わりに手続きすることはできず、自分で被相続人(故人)が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てを行います。...

more

おすすめ情報

subpage4

遺産相続において、財産を受け取らないための手続きには相続放棄と遺産分割協議による財産放棄(遺産放棄)があります。似て非なるこの手続きは違いを知って使い分ける必要があります。...

more